徒然なる花に

自分の好きな花や育てている花などを、思いのままに記録しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink |--:--

Sobralia macrantha

昨年は咲かなかったので2年ぶりの開花です。

‘ソブラリア マクランサ’


DSCF6564_convert_20110808221315.jpg

一番目の花ですのであと2~3輪は咲きそうです。

こちらは3日目の ブルズ アイ。

DSCF6571_convert_20110808221412.jpg

初日の花と違ってきちんと展開しました。

DSCF6580_convert_20110808221457.jpg

3番目の キング オブ サイアム です。

スポンサーサイト
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|00:00

今年初めてのらん展に行ってきました(後編)

サンシャインシティ世界のらん展2011の(後編)です。

DSCF0001_convert_20110107170105.jpg

まずは、大株を2品。

Rlc.Princess Teresa‘Princess Michiko’

DSCF0017_convert_20110107170202.jpg

大輪の花がほぼ同時にしかも同一方向に咲いている。スゴイの一言です。

こちらは更に大株でした。

(Pot.Magic of Granada × C.Horacl)

DSCF9983_convert_20110107170006.jpg

良くは判りませんが12号鉢位はあったかと思います。大変立派で、カメラに収めるのも一苦労しました。
次は原種3品です。

C.trianaei‘Mooleana’

DSCF9935_convert_20110107165817.jpg

C.percivalliana ‘Summit’

DSCF9937_convert_20110107165855.jpg

C.percivalliana v.coerulea‘Ondina’

DSCF9948_convert_20110107165930.jpg

3品中2品は原種のなかで有名な品種です。

やはり1年に何回からん展に足を運ぶのもよいですね。
いろいろなランが見られますし、株の状態など勉強になります。

東京ドームとは規模が違いますがゆっくり見れて良いですよ。

Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|00:00

今年初めてのらん展に行ってきました(前編)

サンシャインシティ世界のらん展2011に行ってきました。
今回と次回の2回に渡って好みの品種を紹介したいと思います。

※表記されている品種名は出品者の表記通り表示しています。

DSCF0061_convert_20110106154530.jpg

Rlc.Goidenzele

DSCF9865_convert_20110106154135.jpg

DSCF9866_convert_20110106154225.jpg

かなりの大株です。どうすればこのようになるのでしょうか?

こちらは、クリアーなレモン色が魅力でした。

(Blc.Termthong × Blc.Golden Slippers) Ta Yang #5

DSCF9868_convert_20110106154318.jpg

Blc.Memoria Crispin Rosales Casta Mesa

DSCF9901_convert_20110106154412.jpg

実際の色はもっと赤味があります。
今回は鑑賞している人の迷惑にならないよう、フラッシュ撮影は行いませんでした。

C.Princess Bells‘Betty`s Bouquet’

DSCF9989_convert_20110106165353.jpg

Pot.Han Cuan

DSCF9891_convert_20110106165127.jpg

DSCF9894_convert_20110106165246.jpg


ここは販売ブースがユニークでらん屋さんだけではなく、メセンやハエマンサス等の多肉屋さん、
サラセニア・チランジア・ナルキサス(原種水仙)・ヘレボラス・山野草等のお店が出店されておりました。

入場無料で10日まで行ってるそうなので、興味のある方はどうぞ。
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|00:00

リカステ Ⅱ

Lyc.Chita Deam の花がようやく綺麗に開きました。


DSCF2309_convert_20100406153025.jpg

こう見えても花径は12cmほど。
今年は植え替えをしないと。
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|19:00

リカステ Ⅰ

一昨年の世界らん展で我家にやってきたリカステです。

Lyc.Sunray "Adeyaka"


DSCF2080_convert_20100311181514.jpg

どうせ夏は越せないだろうと、一昨年はきちんと手を入れなかったものの、夏越しには成功。
(東京でも夏越しができるのですね。)
しかし、当たり前ですが完全な作落ち。花芽は付きませんでした。
そこで、昨年はほんの少しだけですが世話をしました。夏がそれ程暑くなかったことが幸いして、
今年はごらんの通りでした。

DSCF2072_convert_20100311181435.jpg

花径は12cm位。もうひとつ花芽が付いています。

Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:29

ソブラリア Ⅲ

少し古いのですが、7月の終わりに macrantha の花が咲きました。

DSCF1425_convert_20090730102519.jpg

DSCF1481_convert_20091203182141.jpg

DSCF1469_convert_20091203181618.jpg


次々に花が上がり8月の半ばまで見ることができました。
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:52

ソブラリア Ⅱ

Sobralia gentryi ですが身近に視て、はじめて解ったことがあります。
ひとつの花が終わってそれを落とすと、しばらくしてシース(そう呼べるかわからないが)から、次の蕾が出てきます。
この写真は2番目の花です。

DSCF1010_convert_20090721144055.jpg


つまり、ひとつの花茎にいくつ蕾を持っているかわかりません。


DSCF1293_convert_20090721144217.jpg


上の写真は4番目の花。
この花が終わったらまた蕾が出てくるのでしょうか?
ちなみに開花した日は1番目から4番目まで全て雨の日でした。
なんとも不思議。
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|15:03

ソブラリア

Sobralia gentryi と言うカトレアに似た花を咲かせる蘭です。


DSCF0624_convert_20090622010038.jpg


このように蕾が出てから4~5日で大きく膨らみました。

DSCF0645_convert_20090628144749.jpg


そして2日後に

DSCF0796_convert_20090628145305.jpg


見事に開花しました。
花は見本の写真と違い、萼片(セパル)花弁(ペタル)共に白でした。

ソブラリアの姿は笹ににています。こちらのものは大型になる品種で、約1mほどの高さがあります。
花は1日花で短い命です。その所為かわかりませんがあまり栽培されているところを見かけません。

一度、熱川のバナナワニ園さんで見かけたときに、いつかは手に入れたいと思っていました。
あと他に4種ほどあります。今から楽しみです。
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|18:01
プロフィール

玖月弐拾

Author:玖月弐拾
興味を持った植物を
育てて眺めた記録です。
リンクはフリーです。
よろしければどうぞ。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
日めくりカレンダー
雨雲の様子
天気の様子
台風情報
参加しております
ご覧頂き有難うございます。
時計
東京 での時間:
お天気時計
短時間予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。