徒然なる花に

自分の好きな花や育てている花などを、思いのままに記録しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink |--:--

やっと訪れた春

少々時間が取れたので我家の狭い庭を眺めてみました。

IMG_1142_convert_20120401105029.jpg

放任栽培のスイセンが今年も花をつけてくれました。昨日の強風で花が汚れてしまっています。

IMG_1136_convert_20120401104949.jpg

例年になく寒さの厳しかった今年の冬により開花が遅れているようです。それでも植物は正直で
ちゃんと時期が来れば咲いてくれます。大した世話も出来なかったのに在り難いことです。

IMG_1130_convert_20120401104856.jpg

以前ほどは更新できないかもしれませんが、無理をせず続けて行こうと思っています。宜しくお願いします。

スポンサーサイト
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|11:00

=咲きました=

周りのスイセン達は既に花も終っているのに、元気に咲いてくれました。

‘Stainless’


DSCF2400-6_convert_20110426190201.jpg

白色の花弁に白色の副花冠。雄蕊の根元は少し緑掛かっている。

DSCF2409-4_convert_20110426190226.jpg

かなり上向きに咲いています。

DSCF2411-6_convert_20110426190252.jpg

花はやや小さめです。白い花は維持が難しいそうです。来年芽が出てくるかどうか・・・?

Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|00:00

Apricot Whirl (アプリコットワール)

現在開花している最後の品種です。

‘Apricot Whirl’


DSCF2150-4_convert_20110418205613.jpg

DSCF2156-6_convert_20110418205715.jpg

DSCF2312-6_convert_20110418205831.jpg

次回からは開花後半に差し掛かっているチューリップをお届けしようと思います。
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|00:00

Kali (カーリー)

殆どの品種が咲き終わり、現在咲いているのはこれを含めてあと1品種となりました。
硬い蕾のものが1品種ありますが、これはどうやら咲かずに終りそうです。

‘Kali’


DSCF2132-6_convert_20110418205504.jpg

DSCF2134-6_convert_20110418205536.jpg

カタログでは副花冠が橙色でもっとフリルがあるのですが、フリルがはっきりしない代わりに
花弁に薄く黄色が混ざっています。

DSCF2246-6_convert_20110418205747.jpg

副花冠の色を除けばこれが一番近いようです。

Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|00:00

Modern Art (モダンアート)

チューリップの本場富山県で改良された品種であることは有名です。

‘Modern Art’


DSCF1923-4_convert_20110417220437.jpg

花弁がやや後ろに後退しているので口を突き出したようにも見えます。

DSCF1931-6_convert_20110417214253.jpg

副花冠のフリルが可愛らしい花です。
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|00:00

Camelot (キャメロット)

花弁に膨らみがあって円く整った花形をしています。

‘Camelot’


DSCF1952-6_convert_20110415190654.jpg

同一色でありながらメリハリがあります。

DSCF1962-6_convert_20110415190720.jpg

あと一回り程花が大きければなと私は思います。

Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|00:00

Decoy (デコイ)

副花冠の色が赤に近いということですが、黄色身が抜けた橙色と言った感じです。

‘Decoy’


DSCF1704-6_convert_20110415190045.jpg

今年はこれ1輪のみです。植えっ放しですからしょうがないか・・。

DSCF1829-6_convert_20110415190124.jpg

今年もそのまま植えっ放しにするつもりです。
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|00:00

八重咲2品種

比較的整った花形をしています。

‘Tahiti’


DSCF1810-6_convert_20110414214103.jpg

‘White Lion’


DSCF1839-6_convert_20110414214127.jpg

本日は以上です。
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|00:00

Dick Wilden (ディックウェルデン)

ボールのような八重咲です。

‘Dick Wilden’


DSCF1645-6_convert_20110413213314.jpg

DSCF1693-6_convert_20110413213344.jpg

頭が重いので支柱がないとかなり辛いようです。

DSCF1791-6_convert_20110413213433.jpg

こちらは

DSCF1861_convert_20110413212446.jpg

DSCF1868_convert_20110413212536.jpg

我が家の2階から望む夕日を浴びたサクラです。
小学校の校庭にあるのですが、眺める人も少なく今年は思い切って写真に撮ってみました。

フェンスを避けて撮影したので上半分のみとなっています。
Permalinkコメント:(2)トラックバック:(0)|00:00

Irene Copeland (イレーネコープランド)

八重咲の品種ですが、綺麗には開きませんでした。

‘Irene Copeland’


DSCF1585-4_convert_20110412211249.jpg

わずかにしか当らない陽射を受けた瞬間を狙いました。

DSCF1744-6_convert_20110412211312.jpg

もう少し花弁の数が多いといいかも。
Permalinkコメント:(0)トラックバック:(0)|00:00
プロフィール

玖月弐拾

Author:玖月弐拾
興味を持った植物を
育てて眺めた記録です。
リンクはフリーです。
よろしければどうぞ。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
日めくりカレンダー
雨雲の様子
天気の様子
台風情報
参加しております
ご覧頂き有難うございます。
時計
東京 での時間:
お天気時計
短時間予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。